« TV「上海タイフーン」始まる 録画で見て | トップページ | NHK TV 米国兵士の心理特集番組 »

2008年9月15日 (月)

リーマン・ブラザーズ破綻 特に驚かない

先日も書いたが、サブプライムローン問題が起きたとき、
多くの(特に日本の)経済評論家(例えば、ドリームインキュ
ベータの堀氏も含む)の間では、
「そんなに(1年も悪い影響は)長引かないよ」との楽観論が
大勢を占めていたのだが、いよいよそれが「間違い」であった
ことがはっきりしてきた。

相当「根深い」問題なのだ。実際、リーマンどころか、
今回同日に、バンカメ(Bank of America)が買収を発表した
メリルリンチだって、いや、巨大なシティ・グループだって、
実は既に「事実上の破綻」をしていることは、
知っている人は知っているのだ。

外資金融従事者は、総じてそれ以外の一般企業で働く
人の何倍もの収入を得ている人が多いから、今回の状況に
ついては、そうした「個別論」においては、同情する必要は
全くない。
「大口」個人を顧客に持つ人や、法人営業そして自己売買
部門ディラー達は、1回の売買でも数百万から億単位での
「やりとり」をするから、「そういう世界」に長くいると、
それが実体経済とは随分と違う「別世界」であることを
忘れてしまいがちになる。

個人においてもそうだし、好業績が続く企業ほど、その
経営者においては「落とし穴」がパックリ口を開けて待ち
構えていることに気がつかないでいる。
非常に「ざっくりと」言えば、そうした危機意識の希薄化
が、おそらく組織破綻のもっとも根源的な原因として在る、
ということは言えると思う。

もちろん、今回の件は、外的な大きな要因があったわけ
だが、それは別途、タイトルを変えて書いてみよう。

« TV「上海タイフーン」始まる 録画で見て | トップページ | NHK TV 米国兵士の心理特集番組 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック