« 流通業界の昨今 | トップページ | 映画「闇の子供たち」 »

2008年9月28日 (日)

最低のバカ大臣。これで東大卒、元大蔵官僚

最近、誰が組閣しても、直後に閣僚の誰かしら、軽率な発言
で内閣の足を引っ張る。別に麻生さんを支持するとかしない
とかでなく、任命した総理にも結果責任はあるが、総理と
しても腹立たしく思うのではないか。

それも、反発は受けるが論理的に「まっとう」だったり、
あるいは、問題提起としてのものならいざしらず、あまりにも
「低レベル」なものが多い。
中山成彬国土交通大臣の発言は、「バカ丸出し」の感が
強い。これで、東大卒、元・大蔵官僚だというから、驚く。
しかも、奥さんは、拉致問題等で評判の良い恭子さんだから
余計に驚く。
大蔵省同期の同じ「エリート」でも「月とすっぽん」。
夫婦というのは解らないものだ。

発言には、その人の教養や人格が滲み出るものだ。
成彬氏の、「日教組が強い県の学生はレベルが低い」
という見解は、どういう根拠に基づくのか?

「あんたのレベルが低いだけだよ。それでも東大卒?」、
と言われるのがオチなだけだ、ということが解らないのだ
ろうか?

品の良い、温厚にして優秀な恭子夫人は、この事態をどう
感じているのだろう?
ここで、麻生氏、成彬氏から恭子さんに交代させたら、
「大受け」するだろうな。
まあ、優しそうな恭子さんは受けないだろうが、
そのくらいのことをして、また恭子さんが「受けて」、
「バカな夫で、すみません」としたら、今後、彼女は、
不動の大量の女性票を獲得していくことになるだろう。

« 流通業界の昨今 | トップページ | 映画「闇の子供たち」 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック