« 最近の倒産事例;激増する建設・不動産関連企業 | トップページ | 久しぶりにお役人と接して »

2008年9月10日 (水)

「事故米」販売という死の商人

三笠フーズによる「事故米」事件は悪質だ。
工業用の糊や肥料に回すべきお米を、焼酎やせんべい
などを製造、加工する業者に転売していたという事実。
更には、学校給食や病院の食事に回っていた嫌疑が
出てきているようだ。
「死の商人」とは、軍需産業(兵器製造・輸出)業者だけ
ではなさそうだ。

以前、BSE問題に際して、
「確率的に低いことなのに騒ぎすぎ。国内にもっと危険な、
 食品に係る事象が存在しているかもしれず、そちらの
 ほうがよほど問題で調査すべきだ」という趣旨のことを
書いたが、その「1つ」が出てきてしまった。

今後、同社には当然ながら、酒造店等々から「損害賠償
請求」もしくはそのための提訴がなされるだろうし、
農水省は「違約金」を請求するというし、刑事事件としても
当然ながら立件されるだろうから、同社の信頼喪失だけで
なく、「やっていけない状態に即なる」のは当然にしても、
全従業員を即刻解雇、ということだから、「悪業」をした
創業者ら「偉い」人は自業自得とはいえ、気の不毒なのは
事実を知らなかった従業員の皆さんだ。

今回も、当然ながら「内部告発」によるもので、農水省には
1年以上前に匿名情報が寄せられていたにもかかわらず、
同社の経理伝票上の「工夫」により、発覚が遅れた。

「結果」を承知してのこうした「内部告発」が近年増発して
している。通告者だって文字通り「身を切られる思い」にも
かかわらず、人間としての良心、正義を失っていない人も
少なくない、ということだろう。

昨日だったか、朝日新聞の「声」欄には、以前、ソニーで
「バイオ」の製造現場で検品に従事していた人が、
上司から、「海外向けは厳しく、国内向けは甘く」という
指示が出されていたことの暴露記事が出ていた。
「国内向けは、壊れても直せばいいから」、という認識と
指示だったと言い、更に国内向けでは「抜き打ち検査用」
については「丁寧に作る」旨の指示がなされていた、という。

あれを読んだソニー社幹部はどう思ったのだろう?

とにかく、不正は誰からでも「暴かれる時代」になって
いることは確かだ。

« 最近の倒産事例;激増する建設・不動産関連企業 | トップページ | 久しぶりにお役人と接して »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック