« ジェイユーディーオー JUDOを獲得した石井選手 | トップページ | 唐突過ぎる福田首相の辞任 »

2008年8月31日 (日)

この日の「情熱大陸」吉田沙保里選手

アテネ大会の前に、五輪に女子レスリングの種目があったなら、
その第一人者は、山本聖子さんだったのだが、そのちょうど
入れ替わりと五輪種目入りにライバル聖子ちゃんに勝って
第一人者として登場して来た王者、吉田沙保里さん。

しかし、今年1月、アメリカの無名選手に敗れて119連勝がストップ
し、彼女の初めての苦悩と格闘の日々がスタート。
いっときは相当落ち込んだそうだが、この番組はその直後の2月
ころからの半年のルポ番組。

全身の筋力を鍛える、階段での「うさぎ跳び」やランニングなども
半端ではない。落ち込んでいたとき思いもかけず、山本聖子さん
から、「私は今でも沙保里が世界で一番強いと思っているよ」と
いう励ましのメールが届いた。彼女を応援する人は文字通り
たくさんいたのだ。
その負けたときの「金ではないメダル」を「悔しさを忘れないために」
部屋にかけてた吉田選手。

そして、先日、北京五輪での完全復活の「金」。
でも、今度はそれまでかけてあったメダルをはずしただけでなく、
今回の金メダルをも「掛けない」のだ、という。
「過去は振り返らない」。もう、ロンドンに向かっている姿が、
真に王者たるアスリートの所以かもしれない。

ちなみに、彼女にも「不得手」がある。
この番組では紹介されなかったが、以前、他のTV番組で
彼女自身が語っていたのだが、1人の同じ男性に、これまで、
5回だか6回だか「告白」、すなわち、自分から交際を申し込んで、
その度毎、全て断られて来ているのだ、という。
その「一途さ」も彼女の真面目で純粋な人柄が窺えるエピソード
だが、「振って」きた男性、というのも、どういう人なのか妙に
興味を覚える。いずれにしも、(吉田さんには失礼だが)
「男性冥利に尽きるヤツ」というところかもしれない。

« ジェイユーディーオー JUDOを獲得した石井選手 | トップページ | 唐突過ぎる福田首相の辞任 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック