« 大きな分岐点としての北京奥林匹克が開幕 | トップページ | ロシアはグルジアとの戦争を止めよ »

2008年8月 9日 (土)

ナガサキ

別に福田首相を持ち上げる気はさらさら無いが、北京五輪の
開会式に出ていたので、長崎の平和記念式典には、誰か代行
を立てるのだろうな、と思ったし、今回の場合はやむを得ないと
思っていたが、ちゃんと速攻帰国し、長崎の式典に出席した
ことには驚いたし、この点に関しては立派と言ってよい。

7日、NHKスペシャルで、
「解かれた封印 ~米軍カメラマンが見たNAGASAKI~」
という番組が放映された。
都合で一部しか見れなかったので、後日の再放送でちゃんと
見直すが、当事者名は、長崎に入ったアメリカ人カメラマン、
ジョー・オダネル氏。昨年、(奇しくも)8月9日に亡くなったと
いう。
占領軍として原爆投下後の長崎に入り、その破壊力を記録
するため写真を撮影する一方、軍に隠れ内密に自分のカメラ
でおよそ30枚の写真を記録したという。
帰国後、被爆者の記憶に悩まされ、悲劇を忘れ去ろうと全ての
ネガを自宅屋根裏部屋のトランクの中に閉じこめたまま、
家族にも「絶対に開けるな」としていて、43年間封印。
しかし晩年、その箱を自ら開け、自身が撮影した写真により、
原爆の悲劇を訴えて母国アメリカの告発に踏み切っていく。
原爆投下を「正当」と信じる元軍人らの周囲から非難の声を
浴びながら、85歳の生涯を閉じたという。

なぜオダネルは、軍の規則に違反して写真を撮影したのか。
残された息子が強い関心を抱き、父の意思に迫るべく、
行動し始めているようだ。
遺品の中には父が吹き込んだ録音テープがあり、そこには
写真に秘められた過去と、真実を伝えざるを得なかった父、
ジョー・オダネルの思いが告白されていた。

それにしても、その中の1枚、亡くなった幼い弟の亡きがらを
背負い、火葬場の前にたつ「焼き場に立つ少年」と題された
写真に、何とも言えぬ感慨を覚える人は多いだろう。

ヒロシマでも書いたが、ナガサキでも一瞬にして7万人以上が
亡くなり、その後も後遺症で年々亡くなっていくという、
放射能汚染による連鎖の死のトゲが、他の爆弾、重火器とは
違う点だ(後年の、ベトナム戦争における米軍によるナパーム弾
の投下等、核爆弾以外にも「事後」に影響を与える兵器が製造、
使用されたのは事実だが)。

9日の式典で文を読み上げた女性は、兄が当日死亡、しかも
遺体は結局見つからず、両親も翌年、他の姉妹等も数年後
次々と他界されたという。

鎮西小学校にいた生徒は「全員」死亡、三菱系の企業の
オフィスにいた社員達も「全員」死亡、という事実を知ると、
その「全員」という言葉から想像する驚きは巨大なもので、
ただただ、想像の中であっても、慄然たる状況を想って愕然
とする。

« 大きな分岐点としての北京奥林匹克が開幕 | トップページ | ロシアはグルジアとの戦争を止めよ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック