« 北京五輪の余白から | トップページ | 難波薫さんフルート・リサイタル »

2008年8月26日 (火)

銀行ATM、時間外手数料105円を廃止せよ

銀行が、営業時間外、土日等において、ATM利用者から、
1回ごとに105円を取るようになって久しい。

当初から批判はあったが、やはり、いい加減「腹立たしい」と
いうか、不愉快なことには変わりない。
だいたい、「自分のお金を引き出すのに手数料を徴収される」
とは、何事なのか?

公的資金=税金投入で、多くの銀行は「助けていただいた」
にもかかわらず、である。
それと、もう不良債権解消どころか、ここ数年で相当の利益を
出してきているはずで、加えて、にもかかわらず、法人税は
相変わらず未だに納めることを免れる措置をされているという
「特権」の恩恵を受けているはずである(事実と違ったらゴメン)。

いずれにしても、どこか、「いの一番に」手数料を取らないように
する銀行が出たら、その銀行こそが「勝利する」、と思う。
利用者の信頼を勝ち得るからだ。
どこもそれに踏み出そうとしないのは、相変わらず、旧態然たる
「護送船団意識」が消えていないからであろう、と想像する。

どこかの銀行さん、1行でも、「勇気をもって踏み出して」
みてくださいな。

« 北京五輪の余白から | トップページ | 難波薫さんフルート・リサイタル »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック