« 「文書通信交通滞在費」不要論 | トップページ | 四元奈生美のてくてく北京 »

2008年7月 3日 (木)

「オイルマネーバブル」は、いつ「はじける」か?

「バブル」が「バブルである限り」、
「はじけないバブルは、絶対に有り得ない=必ずハジケる」
という感覚は、1980年代から1990年代にかけて、証券界や銀行、
金融系の企業にいた人なら、間違いなく、理屈以前に、
「100%、肌身で理解できる」と確信する。

今の原油高は間違いなく「バブル」だと思う。
中東ドバイの原油スポット価格は、6月30日、1バレル=136.45ドル
を付け、最高値を更新しただけでなく、07年12月末からの半年間
での上昇率は5割を超えた(1.5倍になった)。

同じ日、ニューヨークの商品先物市場では、原油先物相場は
1バレル=143.67ドルを付けた。

ちなみに、2年前の06年では、1バレル=50~60ドル前後、
8年前の2000年のときは、1バレル=30ドル前後で推移していた
のだから、その高騰びりが判る。

投機筋、特に「先物」屋さんは、今のうち「カラ売り」して抜けて
おいたほうがいいですよ。

« 「文書通信交通滞在費」不要論 | トップページ | 四元奈生美のてくてく北京 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック