« 深刻な内容に溜息 11日放送のNHKスペシャル | トップページ | ドラえもん募金等、今、私達ができること »

2008年5月13日 (火)

四川省大地震 同国の「民意力」が試されるとき

四川省の地震が深刻で甚大な被害。

胡錦濤国家主席が来日したばかりで友好ムードが出てきた
ときだし、以前書いたが、かつて、日本軍が爆撃した重慶市も
震源地から少し離れているとはいえ、被害が出ているようだし、
今こそ日本も援助を。
そのとおり、日本政府は、物資支援および救難資金として
合計5億円出資を決定は迅速で、良い決定。

かつて、日本、雲仙・普賢岳噴火、そして阪神大震災、
いずれも、私も自分でできる範囲で募金をした。
報道機関ルートからだったか、赤十字経由だったかは
忘れたが。
あのころは、私のようにごく「普通のサラリーマン(家庭)」
の人も、結構多くの人が、(人にはいちいち言わないまでも)
募金したのではないか、と思う。

温家宝首相は被災当日に現地入り、という異例(?)の
対応で、国民軍も救助活動を開始。

今回、注目せざるを得ない点がいくつかあり、例えば、
(1)中国人の、いわゆる「成金」族の中で、義捐金=寄付を
 申し出る人はどのくらいいるのか?とか、
(2)都会の、経済的に向上した同胞たちは、政府主導では
 ないかたちで、募金とか、ボランティア出動とか、
 「国民の自主的な共同体精神」が発生するのだろうか?
という点だ。

明るい話題の五輪も結構だが、こういう事態こそ、
「民主主義的な民意の力」の発生が起きるかどうかが、
今後の中国にこそ重要な課題だと思う。

アメリカ、ロシア、フランス、ドイツが支援表明。

場合によっては、中国政府は海外からの
「人的支援受け入れ」もして欲しいところだ。
体裁やメンツ不要。困った時はお互い様。
チベット人も多く居る地域というから、余計に
「海外人を排除するのでなく、拘らずに受け入れるべし」

« 深刻な内容に溜息 11日放送のNHKスペシャル | トップページ | ドラえもん募金等、今、私達ができること »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック