« 9条から25条へ | トップページ | 芦川よしみさん 変わらぬ美しさ »

2008年5月 4日 (日)

今年の「ラ・フォル・ジュルネ」から その1

午前中はOBオケの練習だったのだが、朝7時前に目が覚めた
とき、頭痛(発熱というより、眼精疲労から来る目の痛みを伴う)で
起きられない状態だったので、そのまま寝込んでしまった。
こういうことは、年に3~4回くらいある。

昼前後に起床できた際は、だいぶ気分も良くなっていたことも
あって、ちょっと無茶かと思いながらも、今年、数枚のチケットを
購入済の、「ラ・フォル・ジュルネ」の中の、本日午後2:30からの
演目を聴きに外出。有楽町線で一本で行けるという気軽さが
あるからできるが、そうでなければ、「ちょっと やめとくか」、
というところなのだが・・・。

1. まず、Aホールで、大友直人指揮、上海交響楽団、
 ピアノソロ=児玉麻里、桃の姉妹と小曽根 真氏の3人による
 バッハの3台のピアノのための協奏曲。
 ピアノ協奏曲といっても、ロマン派じゃなく、しかも当然、
 「ピアノ=フォルテ」という近代ピアノではなく、クアヴサンを
 前提とした曲だし、何しろ、この巨大なAホールには全く不向き
 で、昨日はCホールで同じプログラムによるものを行ったそう
 なので、そちらで聴かれたかたが「正解」だったと思う。
 (早々にソウルドアウトで、入手できなかったので、この日の
  Aホールの演目を購入したしだいだったが、)
 せっかくの、個性的な名手3人が揃っても、特に2階や3階の
 奥のほうに座られたかたがたには、「ステージ上でごちゃごちゃ
 弾いている」という印象程度に終わってしまったのではないか。


 次いで、シューベルトの、いわゆる「グレイト」と呼ばれる
 交響曲で、以前は、「未完成」が第8番、このハ長調「グレイト」
 は第9番と呼ばれていたのに、最近では、未完成が7番、
 この曲は8番、という表記が目立つ。
 私のような「おじさん」には、こういう変更には違和感を感じる。

 さて、上海交響楽団。上海は、先日のブログで長々と書いた
 とおり、行ってきたばかりであり、初めて生で聴くオケなので
 当然興味津々。
 とても優秀なオケだ。私の席はわりと前方面だったので、
 全体の人数は見にくかったが、来日、メンバーとしては
 多分、ファースト・Violin は6プルト(12人)、チェロが4プルト
 (8人)、コントラバスが6人、2nd.VnとViolaがよく見えず、
 という、大規模ではなく、日本だと、東京シティ・フィルか
 神奈川フィルハーモニ管弦楽団くらいの人数構成だと思う。

 弦は全てのパートが立派で美しい。
 木管も、オーボエが音色が個性的で美しいほか、音楽性と
 いう意味では、クラリネッツト奏者が多分抜群に能力が高い
 という印象を持った。
 というのは、単にソロパートが美しいとかいう「当たり前」の
 ことだけでなく、目立たないが、アンサンブルのトーン形成
 として、例えば、ファゴットと、あるいはそれに加えて、
 ホルンとの和音を作り、ハーモニーを支える部分では、
 音量的にも音色の柔らかなブレンド加減といい、
 見事なバランスを作っていたからだ。
 こういうことは、個人技だけでなく、アンサンブルの
 何たるかを知っている人でないと、そう簡単にできることでは
 ないと思う。
 この部分だけに関して言えば、もう欧米の一級オケのレベル
 といってよいかもしれない。
 ホルンも冒頭の旋律が、やや残念、という点以外は安定して
 いたし、トロンボーンも個人の力量は相当あると想う。
 これで、「金管全体としての柔らかなトーン&アンサンブル」が
 可能になれば、更にオケ全体としてもレベル・アップするに
 違いない。


 昔の話になるが、1970年代においては、中国は、要人が
 「我々には偉大な民族の音楽があるので、西洋の音楽は
  必要ない」、と言っていたものだが、
 私(以上)の世代には、この30年の年月の経過を感慨深く
 感じるに違いない。

 また、そのオケを指揮するのが、日本人で私とほぼ同世代の
 大友直人さんであることは感慨深いし、羨望さえ感じる。
 結果として、日中友好の架け橋の1つを担っている、という
 ことは、もちろん言えると思う。


 それにしても、「グレイト」シンフォニーは何て魅力的な、
 素敵な曲だろう。
 プロオケは世界のどこでも頻繁に演奏してきているが、
 アマチュアオケは、「未完成」は別として、この曲をめったに
 とりえがないのが不思議だし、残念だ。
 まあ、例えば、終楽章は弦が大変な割には、同じパッセージ
 の繰り返しが多く、「報われない」と感じること等々、理由は
 あるのかもしれないが、こんな素晴らしい曲に取り組まない
 なんて、「もったいない」の極みである。
 表立った旋律の部分だけでなく、例えば、木管や弦がリスムを
 刻んでいる(だけのように聞こえる)部分だって、
 常に、いつも、歌、歌、歌の連続なのだ。
 本当に素敵な曲だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2. 次いで、17:15より、B7というホールで、
  「シュレスヴィッヒ=ホルシュタイン音楽祭合唱団」による、
  シューベルトの合唱曲を聴く。
  最近、有名になってきた音楽祭のようで、そのための臨時に
  編成された合唱団で、欧州の幾つかの国から参加しいている
  男声・女声、それぞれ約20名ずつ(計40数名)から成る
  合唱団。
  当然なのだがドイツ語の発音が明晰で、こういう発声は
  日本人には「土台無理」と思ってしまう。
  欧州では、英独仏の3ヶ国語をしゃべる人は 「ざらにいる」
  わけで、そうした環境下で育つ人の発するドイツ語の発音は
  ドイツ人でなくとも美しいのは当然なのだ。

  曲としては、2曲目以外はピアノ伴奏付きで、
 「自然の中の神」(女声)、「水上の精霊の歌」(男声に、
  室内楽・・・チェロ=藤森亮一、向山佳絵子夫妻、
   ビオラ=川本嘉子さんと大島亮さん、コンバス=池松宏氏
  が加わった)、「無限なるものに寄せて」(混声)、
 「讃歌:嵐の中の神」(混声)、「世界の創造主たる神」(混声)
 「ミリアムの勝利の歌」(ソプラノ・ソロと混声)
 「詩篇第23番:神は我が牧者」(混声)の、7曲。

 ソプラノ・ソロは名前の表記がプログラムに無いので、
 団員の1人かもsれないが、立派な歌唱だった。

« 9条から25条へ | トップページ | 芦川よしみさん 変わらぬ美しさ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック