« 今日のテレビ番組から | トップページ | 海外ポプップスその4「If we hold on together」 »

2008年4月 2日 (水)

愚の骨頂

以前書いた、一部の自民党国会議員たちによる「試写」が、
想像以上に悪い方向へ影響を与えてしまった。
映画「靖国」の上映を取りやめる映画館が続出しているようだ。
実際に、あのヤカマシイ(そして、ヒマ人たちというか、どこから
「資金」が出ているのだろうといつも思うところの)「街宣カー」に
よる「事前妨害」を受けた映画館もあるようだ。

稲田朋美議員は、「残念。内容は自分の考えとは違うものだが、
力作で、最後まで見入ってしまった」と語っているそうだが、
「あんたらの行動」が引き金(少なくとも大きな要因の1つ)になった
のは間違いないのだ。

「あんたら」がキチンと「右翼と交渉(説得)して上映に力を貸す」
くらいの「謝罪」をすべきデッセ。ちゃいますか?
どないしてくれるんや」。  (と、なぜか関西弁ふう)。

« 今日のテレビ番組から | トップページ | 海外ポプップスその4「If we hold on together」 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック