« 連合メーデー、朝まで生TV | トップページ | ごくせん、高視聴率とのこと »

2008年4月27日 (日)

MOSTLYのDVD廃止は残念

音楽雑誌「MOSTLY」が発売されて、今年で10周年のようだ。
岩城宏之さんが亡くなったときは大量のページを割いて特集を
組んだし(それに比べてなんと、「音楽の友」はたったの2ページ
だった)、最近は終わったようだが、各地のアマチュア
オーケストラを紹介したり、話題満載の、なかなか良い雑誌だ。

当初は500円くらい価格でスタートしたように思うが、ある時期
から付録にDVD付で1,000円になった。
価格変更(増額)当初、高いなあと思ったが、この付録のDVDが
なかなかよく、世界各地の情報を、もちろん、短時間ではあるが、
数点紹介するほか、「コンサート一本釣り」として、毎回誰かの
演奏会の模様を、もちろんこれもその一部ではあるが、でも20分
前後くらいの長さで紹介していて、結構楽しめたのだ。

前回号(DVD付では最後の号)のそのコーナーは、会場に
行けなかった、2月の浜離宮ホールでの、ピアニスト、
野原みどりさんの「シューベルト・リサイタル」を取りあげていて、
冒頭、ご本人より、「モーストリーをお読みの皆様」と、短いが
映像導入のMCも入っていたりするので、嬉しいシーンなのだが、
今後、このDVD付、ということ自体が廃止されるとのことで、
大変残念に思う。
いつか、また「復活」させて欲しいものだ。

« 連合メーデー、朝まで生TV | トップページ | ごくせん、高視聴率とのこと »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック