« クラシックピース その2「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲 | トップページ | 当然の判決 »

2008年4月21日 (月)

李大統領 in TBS

韓国(大韓民国)の新大統領、李博明大統領が来日し、
TBSの「ニュース23」で東京のスタジオ(と、中継先の京都の)
視聴者との対話を含む、討論番組があった。

前任の「ノ・テウ」氏のときも同様のことが行われたし、以前は
クリントン(当時の)大統領とか、こういう話題企画はこの番組の
得意のところだ。

李氏は、学生などにも「大統領府にメールをください」等々、
必ずしも表面的なリップ・サービスだけでもないかもしれない
と思えるような、真摯な態度と言動で好感が持てた。

「北」に対する強気の姿勢は大賛成で、前任者の「太陽政策」
なんて甘っちょろい事は最低で、あんな事を言っていたらダメで、
そういう意味でも、新大統領の今後に期待したい。

スマップの草なぎ君は本当に大したものだし、数年前の
「韓流(はんりゅう)」ブームは既にブームという段階は終わり、
チェ・ジウさんを知らない日本人はまずいないだろうし、
「チャングム」を見ていた人には、
「イ・ヨンエさんこそ、韓国の若き吉永小百合さん」と絶賛したい
人は私だけではないだろう。
韓国人指揮者、チョン・ミュンフン氏は東京フィルハーモニー
管弦楽団しょっちゅう振っているし、先日はN響も振った。

逆に、ユミンとして韓国で知られる笛木優子さんは、
韓国に憧れて渡航し、成功して「逆輸入」で最近日本のテレビ
等にも出始めているし、その先駆けでは、黒田福美さんがいた。

このように、もう文化的、民衆的な交流は相当進んでいる
わけだ。

« クラシックピース その2「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲 | トップページ | 当然の判決 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック