« ここ数日の都会から | トップページ | パリ管弦楽団来日公演 »

2007年11月 7日 (水)

薬害肝炎 和解勧告

薬害肝炎の問題は勉強不足で不案内だが、裁判所の和解勧告を
受けて、歴代の厚生大臣が拒否してきた、原告団との面会を、
舛添厚生労働大臣が受け入れた。自身、母親の介護をめぐって、
親族の間でも苦労がったようだし、いろいろな感慨を覚えたらしく、
面会とコメントを発する直前、大臣が涙ぐみ、言葉が発するまでに
時間を要したシーンがあった。

舛添氏は、歯に衣着せない人だが、それは同時に「情の人でも
ある」ことを意している。
以前も書いたが、あの情熱と知性で、年金問題も解決していって
欲しい。

よく、「誰がやっても同じ(だから選挙に行かない)」という人が
いるが、「言い訳」に過ぎない。
誰がやるか、で全然異なった展開がなされるのが「歴史」という
ものだ。
菅直人氏が厚生大臣だったときは、それまで全く行政側が逃げて
いた「薬害エイズ問題」も、大きく前進したのは誰でも覚えている
はずである。

肝炎問題は、まだ「テーブルにやっとついた」という段階だろうが、
被害者にとって、よい道が開けていくことを願ってやまない。

« ここ数日の都会から | トップページ | パリ管弦楽団来日公演 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック