« 文士のいちぶん | トップページ | ミューザ川崎ホールは個性的 »

2007年7月28日 (土)

明日は参院選 年金の怒りは反映されるか?

年金の問題は、直接的に自由民主党の責任でないにしても、
政権時代下での役人の怠慢を結果して放置していたという理由で、
やはり責任はあると言える。

年金、すなわち、「カネの恨み」はそう簡単に「ちゃら」にできるほど
単純な問題ではない。国民は本当に怒っていて、それは当分続く
ことを、自民党はどこまで認識しているのだろうか?
加えて、最近の度重なる「強行採決」という横暴、閣僚の不祥事。
特に赤城農水相の問題はヒドイもので、もし私が自民党の
選挙対策本部長だったら、総理に何としても赤城を「切る」ことを
進言しただろう。
自民党の、世論への判断は甘すぎると思う。
予兆はある。期日前投票では既に前回の1.5倍(300万人増)が
足を運んでいるというが、気流からして、その多くが自民党に
入れに行くとは考えにくい。
民主党に特別思い入れがない人でも、小沢代表の「本気」を
知るにつれ、「まだ彼を引退させるのは惜しい」という判断も働く
かもしれない。

« 文士のいちぶん | トップページ | ミューザ川崎ホールは個性的 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック