« ミューザ川崎ホールは個性的 | トップページ | 個性派の訃報が続く »

2007年7月30日 (月)

当然の結果としての参院選

当然といえば、当然の結果だった。この事象は、いわゆる
「ちょっと、おきゅうを据える」というレベルの話ではないと思う。
国民の多くは「政権交代」を見据えて判断している。
自民党はここに気づかないと、次の衆院選でも惨敗するだろう。
保守王国の島根県での敗北。四国4県全てでの敗北。
何をかいわんや、である。

戦後、いわゆる共産政権が世界中で破綻・敗北していったのに、
実は皮肉なことに、ここに来て日本は、
「年金、格差、すなわちカネの恨み」により、恐らく戦後無かった
くらいの、根本的不信を政府や役人に対して抱くに至っていると
思う。

もちろん、では、民主党で大丈夫なのか?ということはある。
各党も反省点は多いだろう。公明党はまるで自民党の「茶坊主」、
「腰ぎんちゃく」と思われて今回、共倒れした。政権党にいるだけで
良しとするのか?が問われた。
社民党も憲法だけでは弱い。共産党は少しずつ変化してきてはいる
にしても、独善性がまだ強すぎる。
他党との選挙協力をしていけばもっと「前進」もあるだろうに。
昔からそう。昔から、
「社会党と候補者を統一していたら、その地区で勝てたのに」という
場面が多々あった。今回の沖縄のように、民主・社民・共産・国民新
の共闘で自民に勝った例から、いろいろ学ぶべき。京都、という、
古都のイメージとのギャップが面白かった「京都といえば共産党」
ではなくなって久しい。

丸川珠代氏の当選には呆れた。有権者のレベルが問われる。
あれで、「東大卒」だから呆れる。「東大卒って、あの程度?」と
言われても仕方がない。しかも、テレビ朝日社員だったわけで、
腐ってもジャーナリズムに身をおいていたのに、住民票の問題から
「ここ3年間、選挙に行っていなかった」ことが露呈。
でも、たぶん、「3年間」じゃないと思う。おそらく、選挙権を得てから
一度も投票に行ったことはないのではないか?
通知のことを知らないで、期日前投票に、のこのこ区役所に行った
のだから。
それも、ご丁寧にわざわざマスコミを連れて。
そんなヤツが「立候補」。
発覚後は、流石に大学の先輩である、舛添さんも呆れ、
草野アナも怒り、片山さつきさんは、
「人間、間違えはありますから、再チャレンジさせてあげてください」と
丸川氏を抱きしめながらかばい、むしろ、さつきさんの株=好感度が
上がったかもしれない。

それから、キャッツフレーズの、「日本人でよかった」というのもアホ
みたい。第一、日本以外の人々に失礼だ。

« ミューザ川崎ホールは個性的 | トップページ | 個性派の訃報が続く »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック