« 日興證券を消滅させた犯人は誰か? | トップページ | 時代劇とチューリップ? »

2007年6月14日 (木)

スティール・パートナーズの愚

株主総会が多く開催されるシーズンの中、米国の投資ファンド、
スティール・パートナーズの行動が話題になっているが、
「狙われた」企業における個人の大半は企業側支援であって、
「ハゲタカ」には組しないという判断をしているようで良かった。
「健全性」はまだまだ日本にあるわけだ。
伝えられるところで判断する限り、私も彼らは、
「取得した株価を高値で企業に買い取らせる」ところの、いわゆる
「グリーンメイラー」に過ぎない、と思う。
「ハゲタカは、とっとと去れ!」

« 日興證券を消滅させた犯人は誰か? | トップページ | 時代劇とチューリップ? »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック