« 小林製薬 ネーミング | トップページ | 菅さんを批判している場合じゃないです »

2007年6月 5日 (火)

社会保険庁はすぐに解体すべし

社会保険庁の「ヒドサ」は論外中の論外だ。民間企業だったら、
信頼の喪失という点で、完全にアウト(倒産)だ。
歴代の長官は、2つ、3つと「天下り」して、退官後においてさえ、
総額で1人1億円前後の報酬+退職金を得ている人も多いという。
役人天国ニッポン。そろそろ、なんとかしようよ。
なんとかしませんか?この国の役人の「ヌルさ」カゲン。

柳沢厚生労働大臣の陳謝も、ぜんぜん誠意の微塵も感じられない
ほどの「人ごと」さだった。さすが、「女性は産む機械」と
言い放った人だけに、冷静だ(皮肉です)。
これには、さすがに、自民党内からも批判が出ている。
そりゃ、そうだろう。このまま、参院選に突入したら、
自民党は完全に「アウト」だ。
社保庁問題=年金問題をイイカゲンに考えていると、政権は
ひっくり返るし、むしろこの際は、それが好ましいかもしれない。
とにかく、あらいざらいにして、全てを白日のもとに提示して
もらわねば困る。

「今、解体(非公務員化)すると、(証人喚問などの)責任追求や、
原因解明ができなくなるから、ダメだ」という声があるのは意外だ。
それも野党に多いようだ。でも、それは違うと思う。現体制だから
デタラメになったわけだから、それは解体しないとダメ。
追求できるように法的に固めればいいだけではないか。
とにかく、国民は皆、怒っている。
このことを軽く考えたらとんでもないことになる。

« 小林製薬 ネーミング | トップページ | 菅さんを批判している場合じゃないです »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック