« 武田信玄に関する1つの疑問 | トップページ | 記帳を終えて あなたに言葉は届くか? »

2007年5月31日 (木)

強行採決 批判

このところ、与党自民党の横暴が目に余る。
憲法改正に関する手続法案、イラク派兵延長法案、社会保険庁
民営化法案、年金時効特例法案などが、次々と「強行採決」されて
きた。
社保庁民営化については基本的には賛成するが、いずれにしろ、
この国はディベートが昔から、とてもヘタな国で、「根回し」とか、
「あうん」とか、「空気」とか、わけのわからぬ「情緒的な」、そして
「自分たち特定の集団だけで考え、実行し、他者を無視して排除
する」、という「伝統」になじんだ国民性を持つ集団なのだ。

こうした強行姿勢は、来る参議院選挙で、与党は必ずや手痛い
「しっぺ返し」をくらうはずである。
「賭けてもいい」くらい、100%間違いない。

« 武田信玄に関する1つの疑問 | トップページ | 記帳を終えて あなたに言葉は届くか? »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック