« 日常品シリーズその2 | トップページ | ノーブル これからの晃子さん »

2007年4月12日 (木)

温家宝首相の演説を歓迎する

中国の要人による日本の国会での演説は過去に2人あったが、
首相として初めて、温家宝首相が演説を行い、
「日本側の反省とおわびを積極的に評価している」とした。
今更の感はあるが、しかし、ここ数年、難しい状況が続いていた
両国にあって、「侵略戦争はごく少数の軍国主義者が負うべきで
あり、一般の日本国民も戦争の被害者で、中国国民は日本国民と
仲良く付き合わなければならない」と明言したことの意義は
極めて大きい。
中国にも生放送で伝えられた点が更に重要だ。

確かに中国は変わった。民間での交流はもう当たり前だし、
先日は、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」で、田原さん司会のもと、
日本、中国の識者による討論が行われた。
「言論統制の共産党独裁国家」との印象は、少なくともしだいに、
いや相当薄らいできている。
中国の経済発展、インターネット社会、(もちろん、日本の比では
ない「格差」が中国にはあるが)等々の到来で、中国もしだいに
「普通の」国になりつつある感は確かにある。
いずれにしても、反目の無い、相互理解と協力関係による新しい
時代を築いていくことが当然必要である。

« 日常品シリーズその2 | トップページ | ノーブル これからの晃子さん »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック