« 善き人のためのソナタ | トップページ | 映画「太陽」 »

2007年4月19日 (木)

天に響く歌

「天に響く歌 歌姫 本田美奈子.の人生」という本が出版された
(ワニブックス)。特定の著者はいないかたちで、おそらく事務所
の高杉社長とスタッフが中心となって、生前の本田美奈子さんの
歩んだ道、エピソード、何よりもその稀有な人柄が紹介されている。
母親や妹さんなどの家族はもちろん、仕事での強い絆のあった
作曲・編曲の井上鑑(あきら)さん、コロムビア プロデューサーの
岡野博行さん、親しかった南野陽子さん、岩崎宏美さん、
坂本冬美さんらへの取材を交えながら。

本田美奈子.さんの歌声、歌唱(発声)能力と、決して人の悪口を
言わなかった人柄は、奇跡のような存在だった。
奇跡のゆえに与えられた生の時間が短かったのか?

昨年11月は、朝霞市民会館で追悼会で南野さん、岩崎さん、
坂本さんを含む多くの友人、上田埼玉県知事、富岡朝霞市長ら
多くの関係者が集まったという。
朝霞にゆかりのある私としても、本田美奈子さんをあらためて
誇りに思う。

« 善き人のためのソナタ | トップページ | 映画「太陽」 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック