« 謝らない日の無いJR山手線 | トップページ | ロボット »

2007年4月23日 (月)

市民の判断

長崎市の伊藤前市長は、広島の秋葉市長とともに大変尊敬に
値する平和運動の面でも重要な人で、先日のテロは許されない
暴挙で残念の極みだ。アメリカの銃社会を安易に批判できない
状況に日本もある、ということのようだ。

そういう状況下とはいえ、市役所課長を後継に選んだ市民の
判断は賢明だったと思う。実績もあるし(こう言ってはなんだが)
見た目もいい。それに、伊藤前市長がどんなに立派な人で
あったにせよ、その「後継」として他県生まれの新聞記者である人
が「娘婿」ということだけで出てくるのは、やはりおかしい。
伊藤家のための長崎市であるわけがないことは自明の理だ。
「弔い」という考え事態が間違い。勘違い。
伊藤一長氏個人が尊敬されていたのであって、「伊藤家」が
尊敬されていたわけではないのだ。
ご家族もパニックはあるとはいえ、結果が出た後の娘さんの
コメントも勘違いすぎる。見苦しかった。市民に対して失礼。

ただ、手続き問題として、無効票の扱いは問題を残したと思う。
ああいう事態が起きた以上、期日前投票をした人には、
再投票なり、なんらかの手段は必要だったと思う。
いずれしても、投票日を1週間延ばすとか、今後、異例の事態
での対処について、日本全体の問題として課題を残したと思う。

« 謝らない日の無いJR山手線 | トップページ | ロボット »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック