« 三善晃「三つのイメージ」 | トップページ | UDON »

2007年3月23日 (金)

ハイレベルな戦い 世界フィギュア

フィギュアスケートの世界選手権が東京で始まった。
男子は高橋大輔が見事な銀。そして23日、女子のショート
プログラムが始まった。
不調が伝えられていた、キム・ヨナ(韓国)、キミー・マイズナー
(米国)がこれぞ世界最高レベルともいうべき内容での見事な
デキ。
同じくここ1~2年不調で、先般の欧州選手権で復活の金を
獲得したコストナー(イタリア)も好調な滑り出しだ。
大きな大会にピシリと調子を合わせてくるのが優秀な選手の
所以なのだろう。

私の一番の贔屓の安藤美姫がいい滑り出して2位につけた。
動きが良い。好調が伝えられていて、彼女しかできない
4回転サルコーも、ここ数日の練習で何回か決まる(徐々に
成功率を上げている)など、期待が高まる。
真央ちゃんは1ヶ所残念で5位スタートだが、あの場面以外は
安定していて、そう悪くは無いと思う。周りが「マオ、マオ」と
騒ぎ過ぎ。中野友加里さんは女性に人気がある。
私の知っている女性も、2~3人、「中野が良い(興味がある)」と
言っているし、全国的にもそうかもしれない。
明日はフリー。フリーのデキしだいで、上位1~5位の順位なんて
簡単にひっくり返る。楽しみだ。

« 三善晃「三つのイメージ」 | トップページ | UDON »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック