« クスリはリスク | トップページ | さえの会「カルメン」 »

2007年3月24日 (土)

金メダリスト ミキティの成長

この日がいつか来ると想像していた。信じていた、といカッコを
つける気はない。想像していた。でも、「本当に来るだろうか?」
とも案じていた。安藤美姫、世界選手権で金メダル。
4回転サルコーは無理しなくて正解。
100%に近い完成度になったときに果敢に攻めればよい。
今はその時期ではないし、それを伝えた、モロゾフというコーチは
一段と評判を上げた。何せ、荒川をトリノの金の表彰台に立たせ、
今大会の男子2位の高橋も育てたという、大変なコーチだ。

ミキティは精神的に「一皮剥けた」とも言える成長を遂げたのが
勝因だろう。本人も言っていたが、トリノには「終わったらやめよう」
という思い出づくり程度の甘えた感情で参加していたのだから
勝てるわけがない。
しかし、尊敬するシーちゃんが目の前で金メダルをとり、会場に来て
いた日本人の観客から、「またいつか4回転見せてね」と言われ、
「(失敗したけど)跳んでよかった!」と、気持ちに変化を生じた
ことが今日につながったのだろう。
モロゾフコーチが言うようにセクシーだし、女性美という点では、
荒川の後継者は真央ちゃんではなく、ミキティだ。
今後ますます楽しみだ。
ショートプログラムでの「シェラザード」もフィギュアでは比較的
珍しい選曲だが、フリーでの「メンコン」は空前絶後。
あの曲でああした舞ができる選手はあまりいないだろう。

« クスリはリスク | トップページ | さえの会「カルメン」 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック