« マクドナルドはなぜ東証一部に上がれないのか? | トップページ | チョナン・カンとイ・ヨンエさん »

2007年2月 2日 (金)

業績予想は必要か?

企業の決算(本決算に限らず、四半期のどれか)記事では当然
会社により良かったり悪かったり悲喜こもごも。
どの企業でも良い時期もあれば悪い時期もあり、
それ自体はやむを得ないし、要は今後の展望が示しえるか、
ということが大事だと思う。

それはそれとして、業績「予想」に対する上方あるいは下方
の修正ニュースを見るにつけ、もっと根本的なことを考えて
みたい。
それは「業績予想なんて必要なのか?」あるいは少なくとも
「それほど大事なのか?」という点だ。
「業績予想」は、株主や投資家(別物です、ごっちゃにして
考えてはダメです)のために、その「指標?」として、
証券会社や取引所の希望というか「指導」で求められて
いるのが実態で、言ってみれば「株主、投資家の都合」の
ためのものなのだ。
誤解を恐れずに言うなら、企業にとって
「予想など余計なお世話」であり、
「予想は予想(未定)に過ぎない」のだ。

前回の「マック」のところでも少し書いたが、
「会社は誰のものか?」という問いに、数年前には
強い論調として在った「株主のもの」という、一見
もっともらしい意見に対し、ここ1~2年(特にホリエモンや
村上氏の逮捕後)、ようやく批判や反省が出てきた。
少なくとも、「株主以前である単なる投資(投機)家」の
思惑のために、企業が一喜一憂し、グラつきを覚えているよう
では本末転倒である。

そもそも「予想」などは、どの企業でも例外無くとても難しい
もので、「本家」であるアメリカでも今はそういう予想を発表
したり、いわんやそれを投資家が目安として重んじると
いう風潮はほとんど無くなっているのだ。
企業の責任の以前に、日本のそうした「にわか株主、
にわか投資家」や、「エゴイスティックな機関投資家
(法人株主、特に日本に活動を置く外資系ファンド)」の
責任(無責任さ)が、もう少し問題にされてよいと思う。

重要なのは「前期と比べてどうなのか(前期比で見て良いのか
悪いのか)」であって、予想と比べてどうかということは
本来的にはあまり重要とは思えないのだ。
元々「予想」は、言ってみれば「目標値」であって、
目標には希望的素地が入るのはある程度はいたしかたない
はずだ。それをあたかも絶対到達する数値であるがごとく
はやし立て誘導する証券会社こそ問題なのだ。

もちろん、企業も「見栄やハッタリの、根拠の無い業績予想など
出すことは論外」で慎まなければならないし、予想を出すと
したら、「低めに(控えめに)出しておく」ことが必定だ。
それを超えれば「言うことなし」なわけで、株主、投資家に
とっても好ましいはずである。

« マクドナルドはなぜ東証一部に上がれないのか? | トップページ | チョナン・カンとイ・ヨンエさん »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック