« 内部告発の凄み | トップページ | コンサルタント不要論 »

2007年1月18日 (木)

金利を上げるべきです

日銀がまた利上げを躊躇して先送りする決定をした。
好景気感(消費者動向)に水を差しかねない、というのが
以前から(何とかのひとつ覚えのように)言われ続けて
いる主な理由と言ってよいだろう。
しかし、ここまでの長期間、事実上のゼロ金利時代が続くと、
一般市民の心理はもうとっくに冷えきっていて、
「冷え込みも底値」とも言うべき状況にあると思う。
むしろ、20年前の、長期金利で7とか8%前後あった
金利を「懐かしむ」心理状態こそが心理下にあるのでは
ないだろうか?
金利、という「ある種のゆとり感」という側面を鑑みれば、
むしろ今後は積極的に(もちろん急激にではなく、漸次)
上げていく時期に来ていると思うのは私だけではないと
思う。
そう思っている人の割合はおそらく相当なパーセントに上ると
私は推測している。

株式市場の、少なくとも昔の常識では(あるいは今もそう
だろうが)、
「利下げはウェルカム、利上げは(相場の)下げ要因だから
 困る」という画一的常套句的な思考こそ、
デキの悪い証券マンが考えそうな
「時代遅れ」そのもの発想だと思う。
今こそ、金利政策の転換時期にあると確信している。

« 内部告発の凄み | トップページ | コンサルタント不要論 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック