« 叙勲・褒章制度は税金のムダ使い | トップページ | 吉田秀和さんの復帰を喜ぶ »

2006年11月 3日 (金)

映画「天使の卵」

映画「天使の卵」を見た。素敵な佳作である。小西真奈美さんと沢尻エリカさんが姉妹、という設定では見ないではいられない。
全体が詩的な作風なのが良い。主演の3人の直裁的な感情のブツカリが良い。変に屈折していなくて良い。画学生との三角関係ということもあり、小西さんの小リスのような顔立ちが様々なアングル、陰影で映し出されて印象的である。沢尻さんももちろん魅力的だし、姉を引き立たせる演技は成功している。
小西さんの魅力に溢れた映画で、こんな素敵な女性が側にいたら、夢中にならない男なんているはずはない、とさえ思う。演技も巧いと思う。

« 叙勲・褒章制度は税金のムダ使い | トップページ | 吉田秀和さんの復帰を喜ぶ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック