« パリからの友 音楽と友人 | トップページ | 叙勲・褒章制度は税金のムダ使い »

2006年10月29日 (日)

安藤美姫の成長に拍手を

フィギュアスケート・グランプリの第1戦アメリカ大会で、浅田真央、キミー・マイズナーをおさえて、安藤美姫が優勝した。しかも、個人最高得点はもちろん、トリノでの荒川選手の総合得点を抜いて国内最高、国際的にも歴代3位の高得点、ということが素晴らしい。
フリー演技は絶好調時の村主さんを思わせるスピード感と安定感があった。あの演技がトリノでできていたら、間違いなくメダル圏内にいたろうと思える。トリノに行く前は「終わったらやめよう(引退しよう)」と少女らしく軽く考えていたようだが、失敗=挫折と、目の前で尊敬するシーちゃん(荒川静香)が金メダルを獲得し、彼女の闘争心を蘇らせたようだ。
彼女が好きな絢香の歌「I believe」のように、自分を信じて進んでいって欲しいものだ。

また、男子では織田信長の子孫、信成君も金。今回、彼がフリーで使った曲はチャイコフスキーの第4交響曲の第1楽章、というフィギュアスケートでは珍しい曲だったのも印象的だ。
先述のミキティは、ショートプログラムではリムスキー・コルサコフの「シェラザード」、フリーではメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲で、いずれも(特に後者は)フィギュアでは珍しい選曲で驚いた。
日本のスケート界は協会幹部が金銭に関する不正疑惑でバカやっているが、選手達の成長はこれからも我々を楽しませてくれることだろう。期待したい。

« パリからの友 音楽と友人 | トップページ | 叙勲・褒章制度は税金のムダ使い »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック