« イスラエル軍による空爆を非難する | トップページ | 長谷川陽子さんの新しいアルバム「初恋」について »

2006年8月 3日 (木)

ドリームオンアイス2006安藤美姫の復調

3日、ドリームオンアイスのテレビ放送があった。
ちょうど1年ほど前、2005の大会を新横浜に見に行った。
四大陸大会などでの日本人選手陣の好調さを実際に見たかった
のだ。
世界選手権の覇者とはいえ、まだ荒川静香さんが今日のような
世界的なヒロインになる半年前だったし、浅田真央ちゃんが
有名になる4ヶ月前のことだ。昨年も、荒川、村主、安藤、
浅田らが出ていて、本当に目の前で見た。
実際に見た印象では村主章枝さんのスケーティングがキレのある
素晴らしいものだった。
当時も今も荒川さんが素晴らしいのは認めながらも実は
村主ファンがとても多い、ということが実際よく理解できた。
安藤美姫は当時、まだ体重が絞りこめていない感じがしたし、
何とかトリノのキップは掴んだものの、好調なスケジューリングが
できないままの2005年だったのではないか。

さて、テレビでの2006年大会。
大会といってもエキシビションなので、選手が伸びやかだし、
競技では認められていない「歌入り」の曲も使える。
荒川さんはトリノでの自信が加わり、「風格」と言ってよいほどの
美しいさ、完成度だ。部分的なタイマー録画だった関係で、
村主さんのシーンを見逃したが、今回、何と言っても、
安藤美姫さんのデキの良さに驚いた。
荒川さんも誉めていたが、とても充実したスケーティングだった。
自信を取り戻しつつあるのだろう。
「I belieb 」に乗ってのスベリだが、特にスピード感のある
ステップに驚いた。
あのようなステップは今までの安藤では見たことが無いように
思う。「幼さ」からしだいに脱し、本当の意味での
自己研鑽・集中・目的意識が確立しつつあると思う。
今後のミキティに期待したい。

« イスラエル軍による空爆を非難する | トップページ | 長谷川陽子さんの新しいアルバム「初恋」について »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック