« ここ半年間ほどで見た映画について | トップページ | プルシェンコのエキシビション »

2006年2月25日 (土)

女子フィギュアはいろいろなことを教えてくれる

既に昨年の3月、所属するOB管弦楽団のメーリングリストに、
「フィギュアスケートと音楽 今、女子フィギュアが熱い」
というタイトルで今日の日本女子フィギュアスケート界の
レベルの素晴らしさを指摘していた。

トリノでの荒川静香は素晴らしかった。
何よりもまず落着きがあった。
「平常心」とは言うは容易いがなかなか難しいにちがいない。
では何故可能だったのか。2年前の世界選手権で優勝し、
引退しようと思ったら周囲は納得せず、ずるずると翌年を
迎えたが、気持ちの面に加え、新ルールが立ちはだかり
惨敗。これがもう一度シーちゃんを本気にさせた。
トリノの優勝後のインタビューで「無欲だった」と言ったし、
それは嘘ではないにしても、最終的に余計なことは
考えずに演技に冷静に集中でき、楽しめた、
という意味での無心、無欲であって、それまでの
荒川選手は十分に下地を作ってきたわけである。
人と争うことは本質的に嫌いな彼女が。

まず、新採点方式に敢然と向き合った。
どうすれば「レベル4」を最高とした良い点をそれぞれの要素に
おいて獲得していけるか、の研究と実践(これは多分、
村主さんとの違いが出た点だろう。もちろん村主さんの
内容も素晴らしいのだが)。
この現実的な対応。そして、曲の変更。
更にタラソワからモロゾフへのコーチ変更。
「勝ち」へのこだわりの表れだ。
「トゥーランドット」は世界選手権で優勝したときの曲。
今回の開会式で、パバロッティが歌い、荒川さんは
「運命的なものを感じた」と言っている。

ここまでは現実的な対応だが、それでは終わらなかった。
「自分自身であることへのこだわり」。すなわち、
「点にはならないから」12月の全日本選手権では「封印」
した「イナバウワー」の「復権」である。
「これをやらなければ私ではない」と(ちょうど、ミキティが
今回、「4回転を跳ばなければ自分ではない、と決断した
ように)自分の美意識に徹底的にこだわった点を
忘れてはならない。
恐らく彼女自身が少なくとも五輪としては
「これが最後の出場」と覚悟したからこその決断だった
のだろう。イナバウワーのときの観客の大きな拍手。
それに続く3連続ジャンプという現実的かつハイレベルな
技術のアピール。
こうした、全ての要素が彼女を「万全」にしていったのだろう。
だから彼女は「余計なこと(メダル獲得の雑念、心配、不安
など)」を考える必要など無かったのだ。
これが「無欲で」と言った言葉の意味に違いない。

これとは対照的に、本人の意気込みだけでなく
ロシアの期待を一身に受けたイリーナ・スルツカヤ、
フィギュアの人気と伝統はロシアにも負けないアメリカの
期待を一身を受けたサーシャ・コーエンはフリー演技の
始まる前の練習段階で既に2人とも不安げで、
ジャンプもあまり飛ばないか、失敗していたのだった。
ジャンプやイナバウワーを一心不乱に練習していた荒川選手と、
この段階で既に違っていた。
そういえば現地入りしていたアメリカの記者や、
日本の佐藤有香さんら何人かは、大会前の荒川選手の
デキの良さから、「荒川優勝」を予想していたようだ。

とにかくシーちゃん、おめでとう。
村主さんもステキだった。やや硬く、いつものスケール感は
無かったのは残念だったけど。
安藤は4回転に挑戦しただけで今回は「よし」としたい。
オリンピックの恐さや素晴らしさを身をもって知ったのだから、
精神的に大きく成長するきっかけになったと思う。
しかも、長野五輪を見て荒川に憧れた正にそのシーちゃんが
目の前で金メダルを取ったのだから。

これで、女子フィギュア、それと、カーリングの人気が
更に日本で一気に高まることは間違い無い。
さきほど、エキシビションを見た。
素晴らしかったので、あらためてそのことを書きたい。
今回はとりあえずこれで。

« ここ半年間ほどで見た映画について | トップページ | プルシェンコのエキシビション »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子フィギュアはいろいろなことを教えてくれる:

« ここ半年間ほどで見た映画について | トップページ | プルシェンコのエキシビション »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック