2020年1月19日 (日)

栗原恵さんが過去の病気を告白~驚いたけど回復して良かった

昨年現役を引退した元バレーボール選手の栗原恵さんがTV「ジャンクSPORTS」に出演し、20169月から「体調不良」として同年内を休んだ真相を初公表した。

病名は「脳血栓」。通院が遅かったら命にかかわることになっていたという。初めて知った。驚いた。

当時、栗原さんは32歳。年齢的にも即引退してもおかしくはない重い病気のため、チームにも迷惑を掛けると思った栗原さんは引退することを決断。「給料泥棒だなと思っていたので、早く解雇してくださいとお願いしたんですけど、『来年頑張ってくれればいいよ』と言われて、その言葉がすごく支えになりました」と明かした。

入院から4ヵ月後の20171月、栗原さんは病に打ち勝ち、コートに復帰。当時のことを「信じられなかったです。本当にまたコートに立つ日が来るとは思わなかったし、こんなに順調に復帰できるとも自分は正直思ってなかった」。

栗原さんの担当医だった水戸協同病院の医師は、栗原さんの復帰について「(ここまで復帰するという例は)ないと思います。まず文献もないし、世界でもないと思います」。

メグちゃんの新しい人生に幸多からんことを祈る。

祝 早田ひな選手

早田ひな選手(19歳=日本生命)選手が「天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会」で初優勝。
五輪に選ばれなくとも、選ばれた伊藤美誠、石川佳純の両選手に勝利しての初優勝。

2020年1月13日 (月)

歌劇 紅天女

後日記載します。

2020年1月11日 (土)

アウローラ管弦楽団の「アレクサンドル・ネフスキー」

後日記載します。

ゴーン会見

後日記載します。

2020年1月10日 (金)

佐藤優子さんリサイタルだけどオペラ~圧巻の「ルチア」

後日記載します。

2020年1月 3日 (金)

CD1曲目で掴む~砂川涼子さん「ベルカント」と小林沙羅さん「日本の詩」

歌手、器楽奏者等を問わず、音楽家としてCDをリリースする場合、全体の選曲(コンセプト)だけでなく、1曲目と最後に何を持ってくるか、は、とりわけ重大な検討を要することに違いない、と想像する。
砂川涼子さん待望のファーストアルバム「ベルカント」と、小林沙羅さんのサードアルバム「日本の詩(うた)」は、2人が得意とする選曲と充実度であり、それぞれにおいて、1曲目から既にリリースの成功を確信させるに足る素晴らしい歌唱を聴かせてくれる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
砂川さんの1曲目は、プッチーニ歌劇「ラ・ボエーム」の「あなたの愛の呼ぶ声に」。次の「私の名はミミ」とともに2曲を聴いて私が思う事は、砂川さんは「現代最高のミミ歌いだ」ということ。
敢えてワンオブを付けないでおきたいし、「日本人で」という形容詞も、あまり意味をなさないかもしれない。おそらく、世界でもごく数人に限定されるレベルのミミだと思う。
凛とした麗しさと感情移入。歌声の響の美しさと技術の完成度の高さ。哀愁感あるドラマ性と気品。正に第一級の歌手。

 

アルバム中、得意のリューのアリアに加え、比較的珍しいヴィヴァルディの曲や、ドナウディの3曲、オッフェンバック「ホフマン物語」から「キジは逃げた」という個性的な選曲が続き、ヴォルフ=フェラーリの「さようなら、愛しのヴェネツィア」での圧巻のロングトーンで締めくくっている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

小林沙羅さんの日本歌曲や現代曲の歌唱は既に定評があり、その象徴ともいえる1曲目は武満徹の「小さな空」。多くの合唱団が歌い~私も歌ったことがある~ソリストもソプラノを中心に多くの歌手がリサイタルで歌い、録音も複数あるが、これほど見事なソロによる「小さな空」はほとんど記憶がない。
砂川さんのミミ、小林さんの武満。正に「掴(つか)みは十分過ぎるほどOK」という第1曲=アルバムの開始だ。

 

沙羅さんの選曲も意欲的なもので、盟友 中村裕美さん作曲の「或る夜のこころ」、ラストには、沙羅さんがこのアルバムのために谷川俊太郎さんに作詩を委嘱し、沙羅さん自身が作曲した「ひとりから」で締めくくっている。沙羅さんの作曲の才能も素晴らしい。

 

宮城道雄の選曲も個性的だが、私がとりわけ嬉しいのは武満最高の歌の名曲「死んだ男の残したもには」が収録されたこと。ソロではテナーやバリトンなど、男性歌手がよく歌い、録音も複数あるが、女性歌手は~内容的にメッセージ性が強いためか~あまり歌っていない様に思える。しかし、これを歌い、録音するところが、沙羅さんの沙羅さんたる所以(ゆえん)だ。轟 千尋さんによる編曲も「小さな空」同様、原曲に良さをそのまま伝えることに徹して余計なことを排したシンプルな編曲な点が良い。

 

ほか、山田耕筰や瀧 廉太郎等のポピュラーな曲もあるが、沙羅さんの曽祖父の詩人 林 柳波の詩による「うみ」~あの有名な「うみはひろいな大きな」で始まる歌~や、「お六娘」という面白い曲(作曲は橋本国彦)が聴ける。

 

「或る夜のこころ」、「死んだ男の残したものは」、そして自作の「ひとりから」を最後の3曲に置いて歌い録音されたこのアルバムは、20代のころ以上のエスプレッシーヴォと言える情感豊かに聴く人を魅了する感情移入と、全体のフォルムの安定感に満ち、成長著しい沙羅さんの今が十分堪能できて素晴らしく、見事としか言い様が無い。強く推薦したいサードアルバムCDだ。

 

2020年1月 1日 (水)

カルロス・ゴーン~国外逃亡犯としての罪人

後日記載します。

飲食店も元日くらい休業すればよい

そういう機運がここ1~2年で現実として広がってきた。

良いことだと思う。

もっとも、某駅近くのコメダ珈琲店は年中無休で開いていたので、つい入ってしまった。

単独の若者や親子連れを中心にほぼ満員。


セブンイレブンがもめているように、コンビニだって元日くらい閉めればよい、と思う。でも、開いていると、つい入ってしまうが。消費者心理の微妙な感情の現実。


なお、ラーメンの幸楽苑は、12月31日の朝日新聞に1ページを使い、「0億円事件」と題して次のような文面を掲載した。強く支持したい。(以下、要旨抜粋)


「年末年始は毎年約2億円の売り上げがあるので、本来はカキ入れ時。しかし、昨年、創業以来初めて、社員に正月を家族と過ごしてもらいたく、全店休業にしました。「2億円事件」。しかし、年間を通せば2億円マイナスになるわけでもないので「0億円事件」。一般的に企業経営者は、売り上げを追い求めるので、どうしても社員より売り上げ優先になります。当社は(秋の)台風で工場が被災し、月の売り上げの30%を失ったが、これを年末年始で取り戻そうとは思いません。みんなが休み日に働いて競争する中、年中無休や24時間営業が当たり前になってしまいました。しかし、これからは働く人の満足度を競う時代になると思います。サービス業の人々だって、「みんなが休む日」の「みんな」になってよいはずです。大切なことは(こうした取り組みを)続けること。続けることで、社会は少しずつ変わっていく。どうか日ごろご愛顧くださっているお客様、株主様にもご理解いただければ、嬉しい限りです」

 

NHK交響楽団の第九の外人ソリストの問題   私は暗譜絶対主義者ではないけれど

後日記載します。

元日の電車内にて

生後数か月と思われる赤子を父親が胸に抱えていて、
その赤ちゃんがニッコリした感じで私をじっと見つめている。
赤ちゃんに見つめられて照れる、というのも変だが、照れる。
けど、悪くない。

喪中ですが新年のご挨拶

私は喪中ですが、新年のスタートを祝い、
皆様のご健康と益々のご活躍をお祈りします。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年12月31日 (火)

T

後日記載します。

2019年12月29日 (日)

テレビより

後ほど記載します。

2019年12月27日 (金)

かんぽ生命~詐欺集団

後日記載します。

2019年12月26日 (木)

小田和正さん~「クリスマスの約束」

後日記載します。

2019年12月23日 (月)

説得力ゼロ~山口氏

後ほど記載します。

海外メディアも伊藤詩織さん問題を大きく報じている

後ほど記載します。

2019年12月21日 (土)

総務次官後輩が辞任~情報を要求した日本郵政副社長も当然辞職すべき

後ほど記載します。

外国特派員協会での2人の会見

後ほど記載します。

«伊藤詩織さん民事裁判で勝訴

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック