2019年5月25日 (土)

コーロ・ヌオーヴォのマタイ受難曲

後日記載します。

2019年5月21日 (火)

水星交響楽団による6番の交響曲

後日記載します。

Nスペより

後日記載します。

2019年5月 1日 (水)

令和

後日記載します。

2019年4月30日 (火)

平成~災害と優しさと崩壊と再生と

後日記載します。

崩御の無い譲位は最大のリスクマネジメント

後日記載します。

明仁陛下と沖縄

後日記載します。

2019年4月29日 (月)

伊藤恵さんリサイタル

後日記載します。

卓球世界選手権の誤審~ビデオ判定を導入すべき

後日記載します。

2019年4月27日 (土)

和解

後日記載します。

2019年4月26日 (金)

高齢者運転と家族の責任

後日、記載します。

2019年4月23日 (火)

ラ・ボエーム in ジャルダン・ド・ルセーヌ

後日記載します。

2019年4月21日 (日)

高齢者ドライバー

80歳以上は運転禁止にするか、非常に厳しい更新試験を
課すべきだ。
こう言うと、該当者はこう反発する。
「俺は私は大丈夫だ」と。
だが、その根拠はどこにも存在しない。

その自信を誰も証明できない点で、妄想に過ぎない。
第三者からは、ただの虚言でしかない。

87歳で若い母子をひき殺す。
それまでの人生は全て帳消しとなり、水泡に帰す。
しかもこの男性は、元通産官僚という。
これまでは、国民を「上から」見てきただろうが、
今後は遺族に対し、法的、精神的、経済的責任を負って、
残りの人生を送ることになる。

それと、まだ逮捕されていないから、とはいえ、
この運転者を「飯塚さん」と「さん」付けで
テレビが伝えていたのは大いに疑問で、違和感だけを感じた。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190421-00416523-fnn-soci

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000053-mai-soci

 

2019年4月16日 (火)

ノートルダム大聖堂哀悼

後日書きます。

2019年4月14日 (日)

この半年で観た映画 その26

昨年の10月12日に、この半年で観た映画 その25として、
2018年4月~2018年9月に劇場やDVDで観た映画の
感想を書いたのに続き、それ以降の
2018年9月~2019年3月に観た映画の感想を
シリーズの26として感想を記したい。
なお、これまで同様、既に単独でブログに書いたものは
「○月○日のブログに記載のとおり」、とだけにしたい。

2019年4月 1日 (月)

新元号と万葉集

後日記載します。

2019年3月31日 (日)

C

後日記載します。

2019年3月29日 (金)

B

後日記載します。

A

後日記載します。

2019年3月25日 (月)

橋本聖子「五輪の神様が池江選手の体を使って」の愚

3月6日、池江さんが「思っていた何十倍、何百倍、何千倍もシンドイです」と書いた。それに先立つ、2月16日、日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子副会長は、東京都府中市で開かれた東京五輪・パラリンピックに向けた機運を高めるイベントでの講演で、白血病を公表した競泳女子の池江璃花子選手について、「私も高校3年生の時に(腎臓などの)病気をして、立ち直ることができた一人であるなというふうに思っております。池江選手には何とか頑張って欲しい、と思うと同時に、彼女ならできると信じているんです」と語ったのはいいとして、以下の発言は極めて不適切だ。良くない。
・・・・・・・・・・・・・・
「私はオリンピックの神様が池江璃花子の体を使って、オリンピック、パラリンピックというものをもっと大きな視点で考えなさい、と言ってきたのかなというふうに思いました。あらゆる問題が去年から頻繁に、スポーツ界には起きました。池江選手が素晴らしい発信をしてくれたことによって、スポーツ界全体がそんなことで悩んでいるべきではない、ガバナンス、コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない、もっと前向きにしっかりやりなさい、ということの発信を、池江選手を使って、私たちに叱咤(しった)激励をしてくれているとさえ思いました」。
・・・・・・・・・・・・・・
生身の、それも自分ではなく他者のおかれた状況を、抽象論的に、まるで神の啓示であるが如くの絵空事的に、勝手に置き換えて自説を述べることは、傲慢で愚かしく身勝手な言説に他ならない。
「素晴らしい発信」とは何事か。
これは、「ガッカリ発言」以上に池江さんに失礼な非礼な発言だと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・
イベント終了後に報道陣からこの発言の真意を問われると、橋本氏は、「池江選手が「神様は乗り越えられない試練は与えない」とのメッセージを出したことについて、私たちこそが、池江選手の治療できる環境、頑張ってもらえる環境を作らなければならない、と教えられたということです。コンプライアンス、ガバナンスを今こそしっかりとしていかなければ、池江選手を盛り上げることにもならないし、しっかりしなければいけないということです」などと説明。「今、大臣の発言とか、いろいろ言われており、変なことは言ってはいけないことは理解しています。スポーツ全体の問題としてとらえてしっかりとやっていくべきなんだ、ということを彼女の頑張りから私たちスポーツ界が教えられた、ということです」と語ったが、
まるで説得力はない。橋本聖子、何様だ、としか言い様がない。

«中3女子の自殺~県の調査が、いじめとの因果関係を認め、市の対応を批判

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック